赤ちゃんや小さな子供がいるご両親なら必ず直面する悩みがダニに関する対策ではないでしょうか。
ダニ刺されは朝起きた時にふと気付くことが多く、そこで初めてダニの存在と向き合い「どう対処していいのかわからない」と軽くパニック状態になる方もいます。

実際に私達の二人目の男の子(~8ヶ月)が突然湿疹のような赤いポツポツが背中に発症したときがそうでした…。

そして、もっと恐いのはダニやハウスダストが引き起こすアレルギー症状です。

ダニが原因のアレルギー症状例
  • 小児(気管支)喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 湿疹

予防しなければ50%、予防すれば10%

年齢別アレルギーの原因
年齢別アレルギの原因です。これをみてもわかるように牛乳や卵白の陽性率は、年齢が上がるにつれて、どんどん低くなります。 それに対して、ダニの陽性率はどの年齢でも高く、年齢が上がっても低くなることはありません。

赤ちゃんや子供は年齢とともに様々な免疫をつけていき、腸内環境などを含む食べ物に対する免疫力は高まりアトピー性皮膚炎などの発症率は低くなります。

しかし、ダニやアレルゲン(フン・死骸・脱皮ガラ・粉末など)に対する免疫力は高めることができないのです。
なので、ダニやダニアレルゲン(フン・死骸・脱皮ガラ・粉末など)を除去・回避しない限り、 ダニアレルギー症状は改善しないことが研究で明らかになっています。
多くの場合、既に住環境(特に寝室・寝具の)対策で、ダニ抗原(原因)の除去対策・予防が必要であることが考えられます。

当サイトでは私達が実際に行ったベストなダニ対策法である「ダニ取りシート」を様々な文献や書籍・ネット状の口コミ等で効果別にランキングでご紹介しています。

また、ダニアレルゲンの除去方法とダニに関する様々な知識を皮膚科医助手である私の母に教えを請いながらまとめた記事などを掲載しています。

同じく赤ちゃんや小さな子供を守る義務があるご両親のお役にたてれば幸いです。

ダニ対策にダニ取りシートが最適である理由

様々なダニ対策がある中で、ダニ取りシートが有効的である大きな理由として挙げられるのが「ダニは夜行性である」ということ。

ダニを駆除するために、昼間に掃除機やバルサンなどの燻煙式の殺虫剤を焚いても夜行性であるダニは、明るい時間帯のほとんどを安全な場所に身を隠しているため十分な効果が得られないことがほとんど…。

なので、ダニ駆除を行うのは真夜中の時間帯が欠かせない!すなわち夜通しで対策する必要があるのです。

あなたの家は大丈夫!?ダニ繁殖チェック!

ダニの繁殖グラフ

画像出典元:インテリアファブリックス性能評価議会の増殖抑制試験
JIS規格に基づいた試験方法に準拠
試験機関 : (株) 愛研

ダニの繁殖力はとても強く、たったの156匹のダニがわずか3ヶ月で約8万匹まで増えます。つまり条件さえ揃えばダニは3ヶ月で500倍にまで増加してしまうのです。

※ダニ繁殖チェック
  • 掃除機をかける頻度が少ない、もしくはコロコロだけで済ましている
  • なかなか布団の天日干しができない
  • 子供がソファなどでお菓子を食べている
  • 加湿器を使っている
  • ペットを室内で飼っている
  • 最近、くしゃみや咳がよくでる

こうした状況に当てはまる項目が多ければ多いほど注意が必要!
今すぐに対策をすることをオススメします。

4つの有効なダニ対策と注意点

殺菌除去

最も効果がありがち!?っと実践する人も多いバルサンなどの燻煙式の殺虫剤

ダニを駆除する方法で、最初に頭に浮かぶ人が多いのがバルサンなどの燻煙式の殺虫剤ではないでしょうか!?
ですが、冒頭でもお伝えしたとおり燻煙式の殺虫剤を日中焚いてもダニは夜行性ですので、安全な場所に隠れており、ほとんど効果がありません。

さらに殺虫剤により駆除されたダニは死骸となりますので、小さいお子様やペット、肌の弱い方にはお勧めできない対策です。
薬剤において100%無害なものは存在しないことから、赤ちゃんやペット、妊婦の方がいる家庭にはお勧め出来ません。

乾燥・加熱除去

カラッカラの天気の良い日は必須!布団乾燥機や天日干しなどによる風通し・加熱乾燥

ダニは50度以上の高温環境下においては死滅します。

その為に天日干しはダニ対策で効果がると思い込み、普段から定期的に行う家庭も珍しくありません。
しかし、真夏の炎天下に天日干しをしても布団の表面温度は50度近くになりますが、肝心のダニは布団の中に隠れてしまうために、ほとんど効果がありません。

なので、ダニを駆除するには布団乾燥機を使用し、布団の内部も50度以上にする必要があります。また、布団乾燥機を使用した後にダニの死骸を取り除くために布団を丸洗いする必要があるのです。

確実に効果は見込めますが、これでは2度手間、3度手間となり中々定期的に行うのも面倒になるデメリットがあります。

直接除去

ダイソンやレイコップなどの紫外線ランプのついた布団掃除機による吸引や寝具の丸洗い

毎日かもしくは定期的に布団の表面に掃除機をかけたり、天日干しをした後に掃除機をかけることは布団の表面にいるダニや布団の中の糞を減らすことができます。

また、ダニの餌となるフケや皮脂などを除去することで、繁殖力を弱めることができます。
毎日こまめに掃除機をかける事は非常にオススメです。

しかし、これまた日中布団の中に居るダニはいくら吸引しても、脚を線維にからみつけ、離れないようにしているため、掃除機だけではダニはほとんど駆除することができません。

最も優れたダニ退治法であるダニ取りシート

ダニ取りシートのメリットデメリット
4つのダニ対策で最も優れているのがダニ取りシートです。メリットやデメリットを踏まえて何が凄いのか気になりますよね。

ここまでダニ対策としてポピュラーな3つの方法のメリットやデメリットを紹介してきましたが、正直どれもダニ対策として万全とはいえません。

しかし、それぞれの対策法を組み合わせて徹底してダニ退治を行えばそれなりに効果を得られるのは間違いありません!
ただ、これらを継続するにはかなりの根気と労力が必要であることは想像できますよね!?

誰もが思いつく3つのポピュラーなダニ対策の手間を一切省き、ダニの習性を利用して徹底的かつ手軽にダニ対策を行えるのがダニ取りシートなのです。
誘引剤を使用し、身を隠すのが上手いダニをおびき寄せる新たなダニ対策の新常識として私を初め、様々なダニに悩む家族を救ってきたのです。

ダニ取りシートの仕組み

  1. 特殊な誘引剤でダニをぞろぞろ集める

    この誘引剤は食品添加物としても認められている安全な香料などを使用しているものを選ぶのが大切。

  2. おびき寄せたダニを逃がさない緻密な線維構造

    ダニにとって居心地の良い綿パイルなどの緻密な二重構造で逃がさない。

  3. ダニを乾燥させ粘着させることでアレルゲンまでも阻止する

    誘引剤に吸湿剤セラミックや粘着性も加えてダニを乾燥させます。そして死骸・糞などの中に閉じ込めダニアレルゲンとして空気中に拡散することを防ぎます。

こうしたダニアレルゲンまでも徹底除去してしまうダニ取りシートは”ただ置くだけ”です。
これまでに紹介した有効的なダニ対策にプラスαすることで驚きの成果を発揮してくれるダニ取りシートは今では欠かせない我が家の守り神です。

ただ、ダニ取りシートがこれだけ効果があるとわかっても選び方を間違えると効果を発揮しないどころかそれに頼り、安心しきってしまい結果的に逆効果になることも…。

なので、本当に効果のあるダニ取りシートの選び方を3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

本当に効果のあるダニ取りシートの選び方

Point1:速効性

ダニ対策の必要性を感じるのは家族の誰かがダニに刺された時ではないでしょうか。そんなダニの恐怖に怯えながら毎晩寝るなんて心労も絶えません。

なので、最低でも数日~1週間でダニ刺されがなくなる速効性が求められます。
第三機関等でそうした実験データを繰り返し、クリアしたダニ取りシートがまず第一条件といえるでしょう。

Point2:捕獲数

ダニは非常に繁殖する力が強い生き物です。
湿気のある生育に適した環境があれば、ダニは大爆発に増えていきます。

その繁殖力以上に捕獲する力がダニ取りシートになければイタチごっこになり、一向に改善しない状況にも。特に梅雨時期などは繁殖力は何百倍にもなるといわれています。

これも第三機関等でそうした実験データを繰り返し、繁殖状況が改善しているダニ取りシートが条件となります。

Point3:安全性

ダニが最も好む環境であり、繁殖しやすい状況下が布団などの寝具、カーペットやソファーなどです。赤ちゃんや子供が常にいる環境に設置するダニ取りシートが有害なものであれば安心できません。

誘引剤といえばゴキブリ駆除で話題の「ブラックキャップ」がありますが、あの手の商品はフィプロニルという人間の皮膚には付着させてはいけない猛毒の農薬。
普段隠して使用するために赤ちゃんや子供が手にすることは無いかもしれませんが、万が一のことを考えると恐いですよね。

上記の例を考えるとダニ取りシートの誘引剤も恐いのでは!?と思うのですが、食品粉末・ビール酵母・食品添加物で調合された誘引剤であれば大丈夫です。

化学性殺虫剤、殺虫成分が一切使用されていない小さなお子様や、ペットがいるご家庭でも安心して使えるのが安全性能が最も大事な条件の一つといえます。

ダニ取りシート人気ランキング!

    1. ダニ捕りロボ(日革研究所 )

      ダニ捕りロボ

      速効性 5.0
      捕獲数 4.5
      安心感 5.0
      価格:
      4,599円(税込)※はじめてのダニ対策セット
      容量:
      レギュラーサイズ2個・プチ2個

      マット内部にダニが好む誘引剤が設置され、屋内ダニ(チリダニ・ツメダニ等)がマットに誘引され、 誘引剤中のの吸湿性セラミックがダニの口・気門・体表等に付着し脱水状態にし、乾燥させる仕組みです。
      その結果、ダニの死骸・糞が内部に閉じ込められ、アレルゲンとして空気中に拡散する事を防ぎます。

      管理人のレビュー

      即効性や捕獲力No.1の実力。期間内のダニ捕獲数(実際に目視で確認した数)は断トツでした。また、安全性にもしっかりと配慮(第三機関による臨床試験データなども公表)されています。

      公式サイトでチェック!

    2. ダニピタ君(株式会社イワミズ)

      ダニピタ君

      速効性 4.5
      捕獲数 4.5
      安全性 4.0
      価格:
      5,400円(税込)
      容量:
      5枚入り

      ダニに刺されてお困りの100家庭を対象に、「ダニピタ君」をご使用頂いた後の変化に関しての調査。布団を干したり、掃除機を掛けたり、殺虫剤の使用は一切辞めた上で、ダニに刺されて困っていた94%を超える家庭が、3日目頃から少しづつムズムズがなくなり、7日間経過後、ダニに刺されなくなったと回答。

      管理人のレビュー

      経済的で続けやすい、また効果もしっかりと実感できるのでダニ取りシートを試すには最適じゃないでしょうか。3ヶ月後に新たなシートに交換し、使用済のものはゴミ箱にポイするだけの簡単・手間いらずの仕様なので忙しい共働き家庭の方に大人気です。

      公式サイトでチェック!

    3. ママのための置くだけ簡単ダニシート(あしたるんるん)

      ママのための置くだけ簡単ダニシート

      速効性 3.5
      捕獲数 3.5
      安全性 4.0
      価格:
      1,814円(税込)
      容量:
      5枚入り

      大事な赤ちゃん、子供をダニから守りたい。そんなお母さんの気持ちを叶えるために生まれたのが「ママのための簡単ダニシート」です。殺虫剤不使用で小さなお子様がいてもとっても安心♪目に見えないダニですが、喘息やアレルギーの原因にもなると言われています。大切な人の健康を守るためにもぜひ活用したいですね。

      管理人のレビュー

      コスパに優れていて、なおかつ安全性の高いダニ取りシートです。ダニの繁殖しやすいが対策しにくい場所などに気軽に設置できるので、布団は捕獲力の高いダニ捕りロボ、それ以外の場所に「ママのための簡単ダニシート」でダニ対策などで使い分けしています。

      公式サイトでチェック!

家族をダニ被害から守るならダニ捕りロボがオススメ!

「たかだかダニを駆除するシートにしては値段が高すぎる!」
これが多くのママさんが本気でダニ対策を考えていて、ダニ捕りロボをオススメされた時の多くの意見です。

ダニ捕りシートなんかで本当にダニ被害がなくなるのかわからないし、それならマメに布団を天日干ししたり、丸洗いしたりしようと思ったかも知れません。

実際、可愛い我が子のことを思えば、それぐらいの手間もなんとでもないと思います。
それで完璧にダニ対策が完結するなら良いのですが、人の目には見えないダニはどこに潜んでいるかわかりませんよね?

あなたが完璧に行なったダニ対策もどこかで緩みがでてしまえば、ダニはその凄まじい繁殖力であっという間にアレルギーが発症してしまうぐらいに増殖していきます。
また、その死骸による様々なアレルギー発症のリスクが高まります。

なら、国内外の試験で立証された安全性が高いダニ取りシートでこちらからダニを全ておびき寄せるのがベストな対策といえます。

ダニ捕りロボが選ばれる3つの理由

では、数あるダニ取りシートの中でなぜ、ダニ取りロボが多くの方々に選ばれているのか?
今では100円均一ショップでも普通に売られているダニ取りシートですが、それなりに高価なダニ捕りロボがなぜ選ばれているのでしょうか。
それには以下の3つの理由があります。

日米特許の3つのダニ対策メカニズム

ダニ捕りロボは長年の研究で、ダニが好む香り(誘引剤)を突き止め、ダニを引き寄せて、乾燥させる製品の開発に成功された、その3つのメカニズムがこちら。

  1. 強力にダニを『誘引する』
  2. 製品内部に入ったダニを『乾燥させる』
  3. 退治したダニを『閉じ込める』

このメカニズムにおいては、世界で初めて「ダニが好む香りを突きとめるだけではなく、乾燥までさせる」捕獲方式として、日米で特許を取得しているんですね。凄い!

ダニ増殖抑制率100%

防ダニ証拠グラフ
JISに準拠した『防ダニ試験(インテリアファブリックス性能評価協議会)』において、ダニ捕りロボ製品は「ダニ増殖抑制率100%」の評価実績。

これはダニの増殖を100%抑制し、退治したことに。凄い!

JISに準拠した防ダニ試験項目

※JISに準拠した防ダニ試験は、これだけの項目を厳正に調査しています。

赤ちゃんや子供に対する安全性

ダニに対する対策効果はもちろんですが、その他に気になるのがダニ捕りロボ自体の安全性ですよね。
ダニに対する誘引剤と聞くと「何かしらの薬品被害が出ないか?」とか「赤ちゃんが知らずにシートを口にしないか」などなど。

その点もダニ捕りロボは高い基準でクリアしています。

その証拠に、ダニ捕りロボは食品粉末・ビール酵母・食品添加物等の天然由来の材料、人体に無害な吸湿性セラミックを調合したオリジナルの誘引剤です。

また、化学性殺虫成分を一切使用しておりませんので、お子様やペットのいるご家庭でも「安心・安全なダニ対策」が可能だということ。

また、ダニ捕りロボはシートを覆いかぶせる保護袋がついているので、赤ちゃんが間違って噛んでも大丈夫ですし、洗えばいつまでも清潔な状態が保てます。

寝具のダニ対策はダニ捕りロボで徹底する!

高温多湿かつ、ダニが安心して産卵できる場所の代表格が布団です。

ということは一番重視しなければいけないダニ対策の場所は「寝具」です。

また、ダニの大好物が人のフケやアカです。

寝具類は、就寝中に体から出る汗によって布団が湿り、布団内部の湿度が高くなります。

また、1日の生活の中で約1/3を過ごすため、ダニのエサとなる人のフケやアカが蓄積しやすくなります。
結果、寝具類はダニが繁殖しやすい環境となり、室内の中でダニが最も多く生息する場所となっています。

その他にも注意すべき場所「カーペット、畳、押し入れの中、ぬいぐるみ、布製ソファー」がありますが、とにかくダニ捕りロボで徹底的に布団だけは対策をするのがベストでしょう。

その他の場所は安価なダニ取りシートで対策

管理人の個人的なダニ対策として、先述した寝具類は実績と安心評価に優れたダニ捕りロボを設置。

その他の「カーペット、畳、押し入れの中、ぬいぐるみ、布製ソファー」などの場所には、安価な100円均一のものを併用したりしていましたが、経済的にもう少し頑張れるのであれば、ママのための置くだけ簡単ダニシート(あしたるんるん)がおすすめです。

あしたるんるん
5枚入りで1,814円(税込)なので、それぞれ気になる場所に手軽に設置することができます。

じゅうたんやカーペット、ラグは子供たちはその上で遊んだり、お菓子を食べたりするためフケやアカ、食べ物の食べこぼしが蓄積します。
そのためダニのエサが豊富になり、繁殖しやすい環境になっています。

また、クローゼットや押入れは、開閉の回数が少ないため内部に湿気がこもりやすくなっています。
使用直後の布団や衣類などを詰め込むと、吸収された汗などで内部の湿度が上昇してダニが繁殖しやすくなるので、意識して対策を講じておきたいですね。

まとめ:家族をアレルギーから守るには最低限の知識と対策を!

ダニによる被害は子供の一生涯において、多大なる影響を及ぼす可能性があることを理解していないといけません。

アレルギーの原因物質は、約8割がダニですが、それにに限らず、目まぐるしく自然環境や社会環境が大きく変化するなかで、免疫システムの異常が引き起こされ、アレルギーで悩む人が年々増えています。

中でもダニが引き起こすアレルギー症状は酷く、

  • 皮膚・・・アトピー性皮膚炎
  • 気管支・・・気管支喘息
  • 目・・・アレルギー性結膜炎
  • 鼻・・・アレルギー性鼻炎

これだけの被害を及ぼす可能性が高いダニは今すぐ対策が必要なのはいうまでもありません。
そして、ダニは常に繁殖を繰り返していますし、人間が生活している環境下でダニが自然にいなくなることはありません。

なので、ダニがいる全ての場所を「継続して退治することがダニ対策の基本」です。

あなたの可愛い我が子をアレルギー被害から守るのはあなたの役目です。
いつまでも健康で、笑顔の絶えない家庭環境を、ダニ取りシートが守ってくれるなら、費用対効果とかどうでもよくなりますよね?

子供の一生涯に渡るアレルギー体質の不便さを、よく考えて今後のダニ対策を徹底していきましょう。