ダニの症状や種類、徹底対策

ダニ(ハウスダスト)アレルギーは、ダニが原因で起こるアレルギーのことです。

小児喘息(ぜんそく)のお子さんの約9割がアレルギーを持っていると言われていますが、その中で最も多いのがこのダニアレルギーです。

ダニアレルギーの対策には、布団をどうにかしなければなりません。ダニアレルギーの症状で皮膚のかゆみがある人は、布団の条件を変えるだけで症状が改善に向かいます。

今回はダニアレルギーの症状や徹底対策をまとめてご紹介していきます。

ダニアレルギーの症状

ダニアレルギーを正確に言うと、ダニに含まれるたんぱく質がアレルギーの原因となります。
このたんぱく質はダニが生きている状態でも死んでいる状態でもアレルゲンとなりますので、生きているダニだけでなくダニの死骸を体内に吸い込むことによっても以下のような症状が起こります。

鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー性鼻炎の症状

花粉症と同じように、ダニが原因となって鼻炎を起こしくしゃみや鼻のムズムズとなって現れている症状です。

目のかゆみや充血、腫れが起きるアレルギー性結膜炎の症状

目のかゆみや白目の部分が充血したり、目の周りが腫れぼったいなど症状が現れます。
目が痒い時にこすったり、たたいたりすると目を傷つけてしまう可能性があります。

そうなるとアレルギー性結膜炎とは別に痛めてしまうので冷たいタオルなど冷やす対処をしましょう。

かゆみを伴う赤い湿疹や炎症が出るアレルギー性皮膚炎(アトピー性皮膚炎もこの一種)の症状

ダニが原因でカラダの免疫システムが反応して、発赤や湿疹、腫れといった症状が現れたり、かゆみや炎症が広がるケースがみられます。

ダニの糞は水に溶けやすい性質があるので、汗の流れやすい首筋や膝の内側などは注意が必要です。

なので、その他の部分よりも大きなアレルギー反応を示す可能性も高いといえます。

 

ダニアレルギーが起こる原因

ダニアレルギーの症状の原因となるのは主にダニの死骸や糞です。ダニの死骸や糞から出るアレルギー物質が皮膚から侵入することで、かゆみにつながります。

ダニアレルギーは、ダニに対する免疫反応が過剰に反応することで起こります。
このアレルギー反応が皮膚のかゆみを引き起こすのです。さらに、皮膚が荒れて弱っていると、よりアレルギーを起こしやすくなるので注意が必要です。

ダニはハウスダウスの中に!?

ハウスダストとは、室内にたまるホコリのことですが、
このハウスダストにはチリ、ほこり、洋服の繊維、髪の毛、食べかす、人のアカが含まれています。
そして、その他にもこのハウスダストに含まれているものが「ダニやダニの死骸」なのです。
このハウスダスト1gの中には、ダニやダニの死骸が、数100匹~1万匹もいると言われています(なんだか想像するだけで痒くなってきちゃいますよね(T□T))。

ですので、ハウスダストを吸い込めば、当然同時にダニやダニの死骸も吸い込むことになるのです。

アレルギーを引き起こすダニの種類

ダニのアレルギーの原因物質(アレルゲン)は、チリダニ科のコナヒョウヒダニ(Dermatophagoides farinae)・ヤケヒョウヒダニ(Dermatophagoides ptero-nyssinus)などのダニや死骸、死骸片、糞などです。

ヒョウダニは、ツメダニやイエダニのように人を刺さないため、存在に気づきにくいのですが、ホコリの中などに生息するため、どの家庭にも必ずいると考えた方が良いでしょう。

家屋内にいるダニの約8割を占めるといわれているヒョウダニは、ヒトを刺したり、血を吸ったりすることはありませんが、その死骸や糞がアレルギー性疾患を引き起こす要因になるといわれています。
湿度の高い場所を好むため、部屋の湿度をコントロールしたり、室内を常に清掃して、エサとなるフケや垢を取り除くことが大切です。

 

ダニアレルギーの対策方法

特にダニは布団が住みやすい環境として知られています。
私たちは布団で何時間も毎日寝ているので、寝ている間にダニの餌になるフケや垢、汗などたくさん付着させているの、まさにダニにとっては天国のような環境です。

なので、ダニ対策で最も注意すべきは布団ですが、絨毯やカーペット、ソファーなど湿気がこもりやすい場所や人が触れる場所には基本的にいると思ったほうが良いでしょう。

布団の素材

綿や羊毛などの天然繊維のものはダニがつきやすいため、ダニ対策のためにはポリエステルやウレタンなどの化学繊維のものが良いです。

布団のダニを取り除く方法として、掃除機で吸う方法がありますが、手間がかかることに加え、完全にダニを除去するのは困難です。

そこで、防ダニ布団というダニが入り込みにくいタイプの布団があります。
これは布団の布が細かく織られているものであるため、ダニが布団に入り込むことが困難であるという仕組みです。防ダニカバーもあるので、合わせて使用するとより効果的です。

また、洗える素材の布団を使用することで、アレルギーの原因となるダニの糞・死骸を洗い流すことができます。防ダニ布団かつ洗える布団を使用することによって、少ない手間で防ダニアレルギー対策ができるのでおすすめです。

湿気をため込まない布団が◎

ダニは湿気の多い場所を好み繁殖するので、湿気を逃しやすい素材の布団がおすすめです。

寝ている間には汗によっておおよそ200mLの汗をかくものです。睡眠中にかいたこの汗は布団に吸収されることになります。布団が湿気を逃さないタイプだとダニにとって最高の居心地になってしまいます。

そうならないよう、湿気を逃がしやすい布団を選ぶようにしましょう。

絨毯や子供のぬいぐるみも注意が必要

じゅうたんはなるべく使用しない方がいいのですが、寝具と同じように、こまめに掃除機をかけることで清潔に保つことは可能です。

子供が頻繁に抱っこしたりするぬいぐるみは、丸洗いできるものは洗い、洗えないものは掃除機でホコリを吸い取ってください。

 

まとめ

チリダニは毎日平均すると6個の糞をするので寿命が2~3ヶ月と言われています。

なので、ダニにとって最も居心地の良い布団からしっかりと対策をする必要があります。
防ダニ布団は繊維が細かく織られているため、ダニが入り込むことができない仕組みです。防ダニ布団かつ洗える布団だとより効果的です。

また、寝ている間には一晩にコップ1杯の汗をかきます。そのため、湿気を逃しやすい布団を選ぶことが重要です。

もし自分がダニアレルギーかどうか確証がない場合には、皮膚科で血液検査を受ければ、ダニアレルギーかどうかがはっきりします。

ダニ対策に適切な布団選びを行い、辛いダニアレルギーからおさらばしていきましょう!