小児喘息はダニアレルギーのせい!?恐いダニによるアレルギー症状例

ダニアレルギーと密接に関わりをもってくるのが小児喘息です。
そして、「ダニアレルギーの子供は一般的に小児喘息になる可能性が高くなる」という言葉もどこかで聞いたことがあるかもしれません。

私の妹は小さな頃から夜も眠れないほど咳き込んだり、いつ襲うわれるかもしれない発作のために吸入器を持ち歩かなければいけませんでした。
それをずっと側で見ていたので、「できれば自分の子供だけは喘息にさせたくない」と自然に思うようになりました。

ここでは、そんな私自身の経験と調べ尽くしたダニアレルギーと小児喘息の関係性について詳しくご紹介していきます。

ダニアレルギーは小児喘息の元凶!?

喘息といえど、原因は様々で一概にこれとはいえないもの。
大きく分けてアレルギー喘息と非アレルギー喘息の2種類があります。

アレルギー喘息とはダニやダニの糞、死骸などのハウスダウト、動物の毛、カビなどで非アレルギー喘息は風邪や運動のことを指します。

ただ、恐いのは小児喘息の90%以上はダニやハウスダストなどのアレルギー的要因によるものと言われています。
なので。小児喘息の子供の90%以上がダニアレルギーに起因しているということ。
このダニアレルギーが恐いのは喘息だけにとどまらず、アトピー性皮膚炎などの症状にも起因していることに関しても注意が必要です。

 

ダニが引き起こす主なアレルギー症状

アレルギーという言葉の意味や状態ってご存知ですか?
なんとなく言葉のニュアンスや雰囲気でつかんでいるだけの方も多いのではないでしょうか?

アレルギーを簡単に説明すると、
「外部からの異物・敵に対して身体が過剰に反応を示している状態」です。

身体が防衛体制、しかも過剰にそうした状態になっていること。それにより自分自身を傷つけ苦しめているということです。

こういったアレルギーの原因は、安心と思われる家の中に多く存在しており、その中でも特に多いのがダニが最大の異物・敵というわけです。

以下はダニアレルギーの主な反応を紹介します。

気管支喘息

気管支喘息(喘息)は空気の通り道(気道)に炎症(ボヤ)が続き、さまざまな刺激に気道が敏感になって発作的に気道が狭くなる(大火事)ことを繰り返す病気です。
日本では子供の8~14%(赤澤 晃ガイドラインの普及効果QOLに関する全年齢全国調査に関する研究報告書 2008年)、大人では9~10%(Fukutomi Y. Int Arch. Allergy Immunol 2010)が喘息です。

高年齢で発症する方もおられます。ボヤの原因はチリダニやハウスダスト、ペットのフケ、カビなどのアレルギーによることが多いのですが、その原因物質が特定できないこともあります。

症状は発作的に咳や痰が出て、ゼーゼー、ヒューヒューという音を伴って息苦しくなります(喘息発作と呼びます)。夜間や早朝に出やすいのが特徴です。

アレルギー性結膜炎

目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。
結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。

花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。
重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭結膜炎などがあります。

アトピー性皮膚炎

「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。

  • かゆみのある湿疹
  • よくなったり悪くなったりを繰り返す
  • アトピー素因を持つ

という3つがアトピー性皮膚炎の特徴といえるでしょう。

アトピー素因とは?

  • 本人または家族が、アレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を持っていること、
  • アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることをいいます。

アトピー素因とは「アレルギーを起こしやすい体質」と考えるといいでしょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応によって起こる鼻の粘膜の炎症です。

くしゃみ 近年、アレルギー性鼻炎にかかる人の数は増加しており、日本人の5人に1人は、この鼻炎に悩まされているといわれています。

この病気が増えている原因には、気密性の高い居住環境によるハウスダストの増加、花粉の飛散量の増加、大気汚染、ストレス、食生活の変化などが挙げられます。

アレルギー性鼻炎にいったんかかってしまったら、抗原(アレルギーを引き起こす原因となる物質=アレルゲン)との接触を絶つことが肝心です。

 

アレルギー症状を起こしやすいダニの種類と時期

喘息やアトピー性皮膚炎などの原因となるダニの正確な名称は「チリダニ科コナヒョウヒダニ属のヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニ」と呼ばれるものです。

人間のアカや抜け落ちた髪の毛などをえさにして1年中増え続けています。6~7月に増殖し8~9月に死ダニが増える。これが秋に喘息発作の多い原因の一つとも考えられています。

刺すダニではないので判断が難しい

アレルギーの原因となるダニは「人を刺す」わけではないので、存在に気付くのが難しいのが難儀なところ。

また、ダニアレルギーの厄介なところは、生きているダニに及ばずダニの「死骸」や「糞」なども原因であることです。

ダニの寿命は一般的に2~3カ月と言われており、特に梅雨時期の湿度の高くなる6~7月に急激に繁殖し、秋にさしかかる9月以降にその死骸が増えます。
そのため、秋以降は特にアレルギーの症状が出てしまう人が増えやすい傾向にあるので、特に注意が必要です。

 

まとめ

ダニアレルギーにかかわらず、家中にいるダニは種類問わず布団やまくらなどの寝具を好む環境の生き物です。

ダニの繁殖しやすい環境が整っているので、アレルギー症状対策としてまずはこの寝具からダニ取りをおこなう必要があります。