ダニ取りの切り札!今どき布団乾燥機のメリットやデメリット

ダニ被害が最も多いとされるのが布団などの寝具です。

そもそも布団などの寝具はダニが最も好む環境=ダニの住処といっても過言ではないでしょう。

  • 「家は天気の良い日はて天日干ししているから大丈夫!」
  • 「レイコップなどの紫外線掃除機で毎日掃除している」

なんて安心していませんか?
実はダニはそんなことぐらいでは撃退出来ないほど厄介なもの。
そんなダニ退治の切り札として今も昔も有効なのが布団乾燥機です。ここではダニ退治に布団乾燥機が最適である理由やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

ダニが最も好む環境は布団

ダニは家の中を好み、絨毯やカーペット、クローゼットなど様々な場所で繁殖されています。
その中でダニが最も好む環境が布団、つまり寝具だということ。

ダニの死骸に糞、アレルギーの原因にもなるハウスダストであり、子供のアトピーやっ喘息などのアレルギーに大きく起因します。

ダニが布団を好む好環境となる3つの理由

布団はダニの隠れ場所として最適

ダニは中々死滅しないしぶといものですが、身を安全を察し隠れることができる場所を好みます。
布団などの厚手の線維は何重にも重なっており、身を隠し繁殖の場所としては最適な場所といえます。

ダニが最も活動しやすい温度と湿度

ダニが繁殖活動をする上で最適な環境は、温度は20~30℃、湿度は60%以上とされています。
これは私達人間が布団に入り、また寝ている際に汗をかくことによりダニに最適な環境を布団の中で作り出してしまっているということです。

ダニの餌の宝庫

ダニの餌となるのは人間のフケや垢、線維に絡まったホコリなどがそうです。
人が直接触れる布団にはダニが好む餌の宝庫…といえます。

 

布団の天日干しはダニ取りに効果的!?

そんなダニに最適な環境となる布団に生息するダニはどうすれば撃退することができるのでしょうか?
パッと思いつく方法では、布団を天日干しすることが挙げられると思います。

真夏の炎天下、唸るような暑さのなかで布団を天日にさらして干せばダニも死滅するだろう!と最もお手軽で実践しやすいダニ取りの方法でしょう。

確かに、ダニはある一定の50℃以上の環境下で30分~1時間程度おけば死滅します。

でも、冬場や夏でも時間帯によっては日光を直接布団にまんべんなくあて続けるのは、難しいし、50℃以上の温度となるとさらに難易度は高くなるのではないでしょうか。

ということからも、「天日干しは万能ではなく、あくまでも一定の効果を得られる」ということがおわかりいただけると思います。

 

最もダニ取り効果の高いのは布団乾燥機

布団の天日干しがダニ取りに万能ではないとすれば、一体どうすれば良いのでしょうか?
答えは簡単で、50℃以上をある一定時間・布団の隅々までまんべんなく温めるのに最適なのは布団乾燥機です。

この布団乾燥機がダニ取りに最適な理由は死滅させることだけに及ばず、気温・湿度共にダニが嫌う環境をいつでも簡単に作り出すことができます。

おすすめは「象印 マット・ホース不要布団乾燥機」

今では布団乾燥機の市場は成熟した市場といえ、様々なタイプの布団乾燥機がありますが、中でも一番売れてるおすすめの製品といえばこちらでしょう。

象印 マット・ホース不要布団乾燥機
「RF-AB20-CA」※旧スマートドライ:RF-AA20

「RF-AB20-CA」※旧スマートドライ:RF-AA20

この布団乾燥機の何が凄いのかといえば、従来のマットやホースなどの煩わしいものが一切ついていないということでしょうか。
これによりメンテナンスや後片付けも楽になり、少しおっくうになりがちな布団乾燥機をより身近なものにしてくれました。

まんべんなく乾燥させる点においてはマット式に若干劣るものの、やはりお手軽さの点で人気はこちらのタイプです。
買い替える方も、初めてふとん乾燥機を使用される方も、おすすめは間違いなく「マット&ホースなし」の洗濯で後悔なしです。

布団乾燥機のデメリット

お手軽かつスマートになった昨今のマット・ホース不要布団乾燥機ですが、使っているううちに少々デメリットに感じることも増えていきました。

  • ベッドなどは工夫が必要
  • ダニ対策モードは70℃の温風が出るので、ウレタンマットなどを使用している場合はヘタリが早くなる可能性がある
  • マット式ではないので使い方を工夫しないと隅々まで暖かくならない
  • ダニ対策に使用する際に4回ほど位置を変えて温めないといけないので時間と電気代がかさむ
  • 暖める時に毛布や掛ふとんが重いと十分に性能が生かせない

などなどが挙げられます。
しかし、使っていく内に工夫すれば上手に活用できるようになります。なのであなたの生活環境にあった方法で使用すればなんら問題なく使っていくことが出来るようになります。

まとめ

ダニは中々しぶとい生き物ですし、何よりも賢いのが厄介なところ。

天日干などではまんべんなく死滅するまで温度を高めることは難しく、ダニも温度の低い生き延びれる環境に移住します。
そんな時に大活躍するのが布団乾燥機です。
従来の布団乾燥機とは違い、イマドキの布団乾燥機は煩わしさを上手く解消したマット&ホースなしが人気・今後も主流となっていくでしょう。

また、死滅させたダニはその他ハウスダウトとともに吸引する必要があります。
この作業は特別なものは必要なく、普通に家庭においてある掃除機などで問題ありません。

最後までしっかりとダニ取りをやりきれば、無駄な繁殖を防げて毎日が快適な安眠を約束してくれるでしょう。