意外な効果!?コロコロ粘着クリーナーでダニ取り徹底対策

今やキレイ好きのみならず、家庭用掃除用具の必需品とも言えるのがコロコロの粘着クリーナーです。小さなお子さんがいる家庭では、気付いたら子供の遊び道具になっていてテープがぐちゃぐちゃに巻きついて修復不可能に!なんてこともあるのではないでしょうか!?

そして意外にもダニ取りにも効果を発揮してくれるのがこのコロコロ粘着クリーナーです。ここでは、コロコロ粘着クリーナーのダニ取り効果や活用方法について詳しくご紹介していきます。

コロコロ粘着クリーナーでダニ取りは可能!?

結論からいうとコロコロ粘着クリーナーでダニ取りは可能です。
ただ、生きているダニは布団や絨毯の線維にしっかりと絡まっていてコロコロ粘着クリーナーでは中々取ることは難しく、主にダニの糞や死骸などを粘着させてとることには効果的ということです。

また、こまめにコロコロ粘着クリーナーで掃除することによって、ダニの餌の元になるお菓子などの食べカスや人間のフケや垢などを除去し、ダニの繁殖を防ぎダニアレルギーの発症を防ぐ効果もあります。
キレイ好きはお得なのです。

そもそもコロコロ粘着クリーナーの商品パッケージを確認すると、「ダニによるアレルギー対策も可能」と表記してあることが確認出来るものもあります。どのメーカーのものだったかは記憶が不鮮明ですが…。

しかし、ファブリックのソファーや毛の長い絨毯、羽毛布団などは線維の厚みがあるのでコロコロでは中に入り込んだダニは除去できません。こういったものは掃除機でも完全に除去するのは難しいのです。ダニの死骸にしろ同じことがいえます。

コロコロ粘着クリーナーでダニ取り3つのメリット

ダニ取り効果は完全ではないものの、ダニアレルギーや繁殖を防ぐならこまめにコロコロして掃除しておけば心持ち安心というもの。しかも気付いた時にする癖をつけておけば随分とお部屋もダニにとって居心地の悪い空間にできるかもしれません。

お手軽さ

なんといってもお手軽さが一番。掃除機にしても天日干しにしても布団とか絨毯になると大掛かりで面倒なものです。
その点、コロコロ粘着クリーナーなら気付いた時にすぐに実行に移せるメリットがあります。

ホコリの巻き上げ対策にも

また、掃除機や天日干しなどをする際に巻き上げるホコリ…。そういったこともないので、かえってアレルギー症状を悪化させてしまう心配もないので安心であるといえます。

何といってもリーズナブル

コロコロ粘着クリーナーの最大のメリットはコスパに優れている点でしょうか。今では100均でも購入できるし、一本にしても意外と長持ちするので気になった部分に徹底的にダニ掃除できるのが魅力のひとつでなないでしょうか。

コロコロ粘着クリーナーのダニ取り効果をアップさせる方法

ただ、このコロコロ粘着クリーナーって漠然と転がしてはいないですか!?
「えっ!?」と思われて方も多いかもしれませんが、ただ単に転がしているだけでは十分なダニ対策とはいえません。

このコロコロ粘着クリーナーを転がすにはあるコツがるのです。

それは、単純に「同じ方向に転がすのではなく、様々な方向から転がして粘着させること」です。

やりがちなのは、絨毯などは毛の方向に沿って転がすだけでなく、逆からやさらにクロスさせるように転がしていくこと。そうすることで、毛と毛の隙間にはいったゴミも絡め取ることが可能になります。

あとは、掃除機の掃除のような一日の朝に決まってかける!というような習慣化させて行うことが大事です。もちろん、掃除機をかけたから安心!ではなく、掃除機をかけたあとにコロコロなどで取りきれなかったゴミやダニを除去するとより徹底したものとなるでしょう。

まとめ:コロコロ粘着クリーナーだけで安心しないこと

コロコロ粘着クリーナーはダニのアレルギー発症を抑える効果をもたらすことはお分かりいただけたと思いますが、それだけでは不十分です。

ダニはカーペットや絨毯、布団の奥深くまで根付いているもので、コロコロ粘着クリーナーや掃除機をかけても必死に線維にしがみついて中々全てをとりきることは不可能だからです。ダニの糞や死骸は取れても生きているダニは相当しぶとい。

それだけ、ダニも執着して子孫を残すことに必死だということ。

なので、コロコロ粘着クリーナーに掃除機もただたんにするだけではなく、徹底的にじょきょしてやるんだという気持ちを持って隅々まである程度時間をかけることが大切になります。そうすることで全てのダニを除去することは不可能でも、ある程度のダニの駆除は可能です。

それらに加えて定期的に布団やシーツ、ファブリック素材や絨毯も生きているダニ取りのために

  • 洗濯機で丸洗いする
  • 高温乾燥機などで除去
  • ダニ取りシートを活用する

などして、可愛いお子さんを安心して遊ばせてあげましょう。