掃除機でダニ取りは出来ない!その理由とは?

一般的な認識でいうと掃除機でダニ取りは可能だと思っている人も少なくないでしょう。

間違った認識でいうと、レイコップなどの布団クリーナーをダニ取りクリーナーと勘違いしている人もいるぐらい、ダニ取りや掃除機ついての理解があいまいなのも事実。

しかし、掃除機では生きているダニを取ることはできません。
そうです、残念ながら生きたダニには掃除機は全くといっていいほど効果がないのです。
今や布団クリーナーの代名詞「レイコップ」のウリの機能である紫外線照射でダニを死滅できるなどとんでもない!
また、レイコップの公式サイトのどこを見てもダニを死滅できるとは一言も書いていません。

生きたダニに対して効果がないのはレイコップだけではなく、その他のふとんクリーナーや家庭用掃除機すべてに共通することです。

要は「生きた」ダニを退治したり吸引できる掃除機は現時点ではない!ということ。

通常約0.2mmダニは皆さんの認識以上にどタフで、繊維などに絡みついており、生きたまま取るのは本当に難しいのです。

では、どうすればダニを死滅させることができるのかということをご紹介していきます。

ダニの住処「布団」の3つのダニ取り方法

ダニが家の中で一番好む環境は寝具などの布団です。

布団の中にいる「生きた」ダニを取るためには以下の3つの方法が挙げられます。

生きたダニを取る方法
  1. 布団を天日干しする
  2. 布団乾燥機を使用する
  3. 布団を丸洗いする

ダニを死滅させるには50℃以上の環境下に30~1時間程度おくことです。布団などの大掛かりなものをそうした環境下におけるのは天日干し、もしくは布団乾燥機でしょう。

近くにコインランドリーなどがあれば持ち込みも可能でしょうが、業者に依頼するなどする方が得策なのはいうまでもありません。

ダニの死骸や糞などのハウスダウト対策に掃除機

ダニは高温下の環境で目立たく死滅するのですが、それだけでは本当にダニ取りできたとはいえません。

なぜなら、死滅したダニの死骸や糞などがアレルギーの原因となる“ダニアレルゲン”と呼ばれるハウスダストアレルギーの原因物質となるので、これらを完全に除去しないと意味がありません。

布団を天日干しにした後に、布団たたきなどでホコリを出す方法がありますが、これは布団の繊維などを傷つける恐れがあるために極力避けるのが無難でしょう。
特にデリケートな羽毛布団の場合は、生地に穴が開き吹き出しの原因ともなりますので絶対にしてはいけない行為のひとつです。

そこで、活躍するのがレイコップなどの布団クリーナーと呼ばれる掃除機です。
布団クリーナーが吸い込めるのは死滅したダニの死骸や糞などのハウスダウトです。

なので、ダニ取りを行う正しい順序としては

生きたダニを取る順序
  1. 50℃以上/1時間の環境下で布団に住みつくダニを死滅させる
  2. その後、布団クリーナーや掃除機でダニの死骸や糞などを除去する

こうすることで、生きたダニを死滅させ、アレルギーのもととなるハウスダウトを効果的に除去することができる!っということです。

レイコップは布団専用掃除機じゃない?

紫外線ランプが生きたダニに効果がないとすると、レイコップは本当にダニの吸引力に優れた掃除機といえるのでしょうか。

とあるサイトでレイコップの紹介分があったので引用します。

レイコップにしかない特徴としては、紫外線ランプがついていて、ダニを弱らし、除菌もできるということ。
たたいてダニをかきだす、“たたき”機能もレイコップオリジナルです。
紫外線ではダニを弱らすことができても、殺すことはできないので無意味とかいてあるクチコミもあるのですが、たしかにそうなのかもしれませんが、レイコップをかけるとその紫外線ランプ効果なのか、なんとなくふとんがふんわりするのを感じます。

なんとなく適当に書いている文章とおわかりいただけると思いますが、レイコップはダニ取りに効果は全くありません。

おすすめは吸引力に優れたダイソン

よく布団クリーナーとしてレイコップとダイソンの比較がされているので購入を迷われている方や気になっていた方も多いかと思いますが、ハウスダウトを取り出す目的の布団クリーナーとしてもっとも大切なポイントである吸引力では、ダイソンがレイコップを含め他の布団クリーナーに比べて勝っているのは間違い有りません。

ダイソンは、レイコップと比較すると若干音の大きさや布団の吸い付きに慣れるまでに時間がかかるなどのデメリットもありますが、本来の目的に対するメリットのほうが大きいと思います。

  • 圧倒的な吸引力で時間が短縮できる
  • コードレスならではのお手軽さ
  • 布団のみならず様々な場所のハウスダウトを吸引できる

家中のハウスダウトを吸引するにはまさに最適であるといえます。